民報新聞に掲載されました!

この記事は約1分で読めます。

民報新聞に掲載されました!

2020年3月31日発行の苫小牧民報にむぎ麦の記事が掲載されました。

今までの取材は、パンに対するこだわりやオープンまでの経緯が多かったのですが、今回は「こっぺぱん」に特化して取材していただきました。

試行錯誤を重ねたパン生地

むぎ麦のこっぺぱんを食べたことはありますか?

おかげさまでむぎ麦のこっぺぱんは、大変好評をいただいており、「イベントに使用したから予約したい!」などのうれしい声があります。

老若男女問わず大好きなこっぺぱん!!!

パン屋さんを始める時は絶対やりたいと思っていました。

だからこっぺぱんの生地を考える時も翌日、翌々日まで食べてパサつき具合をチェックしつつ、試作を重ねました。

うれしいことに「魔法のこっぺぱん」と呼ばれたこともある当店のこっぺぱんは、自慢のひとつです。

翌日も美味しい自身があります。(注)ただしサンドしている具材により、翌日のパンの風味は異なります。

珍ハプニング

新聞になにげに写っていますが実は珍ハプニングがあるんです!!!

言われなければ分からないのですが、実はオーナー・パン君のTシャツが前後逆なんです。

よく見れば首元がタイトですよね。。。

普通に首元が苦しいはずなのにこの日は、帰りに着替えるまで全く気が付きませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました